五臓六腑

このサイトに掲載されている小説及びイラストの著作権はくるひなたにあります。無断での引用、転載、配布など固く禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭り



「遂に来た。待ちに待った、この日が」
「なに? おにーちゃん、今日は笑顔が黒いよ」
「スミレが悪巧みしている時の笑顔にそっくりだが、残念ながらそなたがしても可愛くはないな」
「可愛くなくて、結構! っていうか、あんたが余裕ぶっこいてられるのも、ここまでだぞ!」
「おにーちゃん、酔ってんの?」
「こんな時間から酔っぱらって、いい身分だな」
「俺は酔ってなんかないぞ。けど、この後勝利に酔いしれる準備ならできている!」
「変なお兄ちゃん」
「可笑しな兄上だな」
「ええい、黙れ黙れ! お前達、これが目に入らんかー」
「んんー? お雛様でしょー」
「‥‥‥いい年した男子が人形遊びとは‥‥まあ、如何なものかとは思うが。個人の趣味にとやかく言う気はない」
「俺の趣味で飾ってるわけじゃないっての! 妹よ、そこの外人男に説明してやりなさい」
「丸投げは私の専売特許なんだけど~。まあ、いいか。えっとね、ヴィー、あれはお雛様って言ってね、女の子のいる家で飾る人形なんだよ」
「ほう。では、あれはそなたの為のものだったのだな。ユウト殿が、趣味で愛でていたわけでは、なかったのか‥‥」
「誤解が解けたようで、涙が出る程嬉しいよ。更に、諸君。今日は何月何日かな?」
「‥‥‥三月三日。お雛祭り当日だねぇ」
「何か、目出度い日だったのか?‥‥知っていれば祝いでもしたのだが、生憎もう夜になってしまったな」
「そう、夜になってしまったんだよ。もうあと数時間で、日付が変わってしまうのだよ。この意味が分かるか?」
「お兄ちゃんの無駄に高いテンションの意味は分からない」
「ユウト殿の不気味な薄ら笑いの意味は分からないな」
「分からないなら、教えてやろう! 雛人形には、世にも恐ろしい言い伝えがあるのだ‥‥」
「‥‥‥む、あれかな」
「うん?」
「いいかよく聞け! 雛人形はなぁ、雛祭りが終わってすぐに片付けないと‥‥‥」
「やっぱりか」
「片付けないと?」
「その家の娘は、嫁に行き遅れると言われているのだー!」
「だー」
「‥‥‥‥ほう」
「そして、俺は、今夜この雛人形を片付けずに、放置することに決めたっ!」
「なにぃ、兄めー」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「よって、菫はがっつり行き遅れ、ヴィオラントとの結婚式は先送りに‥‥ふふふふふ」
「おにーちゃん、追いつめられてるねぇ」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「許せ、妹よ。にーちゃんだって、こんな手荒な真似はしたくなかったんだが、やっぱりまだお前を嫁にやりたくないんだよぉ」
「だからって、可愛い妹に呪いをかけるなんて‥‥。悪魔に魂を売り渡しちゃったのね」
「ーーーーーくだらん」
「くだらんとは何だ! 由緒正しき大和の国の呪いを舐めるなよっ!」
「あ~、もう、ほら。おにーちゃんが変な事言うから、ヴィーってば表情筋のリハビリ始めちゃったじゃん」
「人形ごときに、ようやく掴んだ楽しみを奪われて堪るものか」
「うぬ‥‥っ、大和の怨霊も真っ青な眼力」
「眉間にすんごい縦皺」
「おいで、スミレ。そのような馬鹿げた呪い、跳ね返す程ベッドで睦み合おう」
「ーーーーーなっ‥‥!?」
「思いっきり、貞操の危機」
「ああ、我々の子供が女子ならば、ヒナ人形とやらは将来その子の為にも飾られるのだろう? 兄上殿には、責任を持って管理をお願いしたいものだ」
「ーーーこっ‥‥こ、子供!?」
「とりあえず、今すぐ雛人形片付けてよ、お兄ちゃん。平和的解決には、それしか方法がないと思うよ」
「どちらにせよ、私は迷信だの呪いだのは信じない主義なので、全く気にはしないがな」


関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。