五臓六腑

このサイトに掲載されている小説及びイラストの著作権はくるひなたにあります。無断での引用、転載、配布など固く禁じます。

取引



「ヴィーさん、ヴィーさん、取引しねぇ?」
「‥‥いきなりだな、リョウ君。一応、内容を聞こうか」
「俺な、菫と保育所から小学校‥‥え~と、歳でいうと零歳から十二歳まで一緒だったのな。だから、ヴィーさんも優斗兄も知らないあいつを、結構知ってるんだ~」
「‥‥‥何が、言いたい?」
「そんな怖い顔しなさんなって。別に、それを自慢しにきたんじゃねぇから」
「それで?」
「俺、今日いいもの持ってきたの。“写真”って分かる?」
「精巧な模写絵のようなものだろう。祝言の時にユウト殿に撮って頂いたから、知っているよ」
「俺たち家が近所だったからさ、仲良かったんだよね。そんで、写真とか結構一緒に映ってるのあんのよ」
「‥‥‥‥‥ほう」
「下はおむつ履いたベビーから、上は第二次性徴が始まったあたりまで」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「見たい?」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「そんな刺し殺しそうな目で見なくても、俺はあいつに疾しい気持ちはこれっぽっちも持ってないから。それより、サンプルをどうぞ」
「‥‥‥‥っ‥‥‥」
「ふふふふ、可愛いだろ~?」
「‥‥‥‥‥食べてしまいたい」
「‥‥‥‥‥あんた、結構危ないのな。赤ん坊の写真見て言う事じゃないぜ?」
「こんな愛くるしい生き物が、この世にいるのか」
「はいはい、じゃあ次、これ」
「‥‥っ‥‥‥‥‥!」
「激カワだろ。小学校の登下校の時は、俺はすっかりあいつのボディガードだよ。変な大人に声かけられるのなんて、しょっちゅうでさ」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「だから目が怖いってば。大丈夫だよ、変なヤツは俺とタカとアミが追っ払ったし、うちの兄貴達も睨み利かしてたから。ほんじゃあ‥‥次はとっておきを、どぞ」
「ーーーっ‥貴様‥‥‥!」
「あ、誤解ないように言っとくけど、これはれっきとした授業風景だから。水泳の授業に水着は普通だからな」
「‥‥‥普通? 不特定多数の者が、スミレのこの姿を見る事が、普通のことだと? この裸寸前の姿を?」
「不特定多数は見ないよ。同級生と先生くらいさ。っていうか、裸寸前って大げさだな。ちゃんと着てるだろ、色気ゼロのスクール水着」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「まあ、他にも、まだまだあるよ。ブルマ姿とか、水着と同じレベルであんたがキレそうなのから、クラスの劇でシンデレラした時の、超お姫様なドレス姿まで」
「‥‥‥リョウ」
「取引に応じるなら、譲ってやってもいい」
「‥‥‥そちらの要求を聞こうではないか」
「よし、そうこなくっちゃ!」
「どうせ、義母上のことであろうが」
「おっ、当たり。あのな、エリーの指輪のサイズ、知りたいんだよね」
「‥‥随分、気安いな。あの方は、寡婦とはいえこの国の皇太后陛下だぞ」
「それが、どうかした? 地位とか身分とか、もしかしたらあんたが俺の義理の息子になるかもしんないとかも、全然関係ないね」
「‥‥ふん、まあ義母上がそれを許していらっしゃるなら、私は構わぬが。それで、指輪をお贈りするつもりか?」
「おう、一緒に店に選びに行けないのは残念だけど、彼女に似合いそうなのは見付けたし、給料三ヶ月分も用意した。あとはサイズ確認するだけだ」
「そなた、まさか婚約でも申し込むつもりか?」
「今更何言ってんの? プロポーズなら会う度にしてるし、エリーからもオッケー貰ってるっての」
「‥‥‥‥初耳なのだが」
「けど、この壁のせいで、式を挙げたくても無理じゃん? やっぱり、一緒に神前式したいじゃん! だから、この壁の穴が通り抜けられる位広がるまで待ってるんだけど、指輪くらいプレゼントしておきたくてさ」
「‥‥‥‥左様か」
「左手の薬指ね。間違えないでよろしく。もちろん、エリーをびっくりさせたいから、こっそりバレないように頼む」
「‥‥‥‥‥‥‥」
「そしたら、俺が持ってるので菫が映ってる写真、全部あんたにあげるよ」
「‥‥‥‥承知した」


グラディアトリアの麗しき未亡人、エリザベス・フィア・グラディアトリア皇太后陛下の、左手薬指のサイズは9号だった。
ヴィオラント・オル・レイスウェイク大公閣下が、それをどのようにして確認したかは不明のままであったが、その後リョウ少年がエリザベスに送ったティファニーの指輪は、彼女の指にぴったりだった。

そして、愛妻の秘蔵写真を大量に入手することに成功したヴィオラントは、本人を膝の上に確保して、一枚一枚菫に説明をさせながら、鑑賞を楽しんだらしい。




関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?