五臓六腑

このサイトに掲載されている小説及びイラストの著作権はくるひなたにあります。無断での引用、転載、配布など固く禁じます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一兵卒と案件2

一兵卒と案件 第二話


 ロビーの父親モーリスは、中佐の地位に就いている。
 少佐以上の階級は、他は全て貴族出身者でしめられていることを思うと、平民出身の彼としては異例の出世といえよう。
 モーリスは、画家を父に持ちながら芸術に関してはからっきしだが、とにかく剣術と世渡りに長けていた。
 そして、当代の国王陛下とは、若い頃から身分をこえた親友でもあったのだ。

 国王陛下の一声で、アミーリアのお忍び城下町探検の手筈が、あれよあれよと言う間に整えられた。
 何ごとにもぬかりない優秀な侍女頭は、こんなこともあろうかと、アミーリア姫にちょうどいい町娘の服装をすでに用意していたらしい。
 シンプルな無地のワンピースの上に、白いフリルのエプロンドレスをつけて、艶やかな白金色の頭にはスカーフを巻いた。
 それはそれは可愛らしい町娘の出来上りである。
 動きやすい膝下丈のワンピースとペタンコの柔らかな靴を、アミーリアがたいそう気に入った。
 一方、最後まで渋っていたのはやはり彼女の侍従である老紳士だったが、「これも社会勉強だ」と国王陛下に言いくるめられ、姫の身の安全を保障するとの約束のもと渋々了承した。

 アミーリアは馴染みの大門で厳つい兵士達に見送られ、いよいよ城の外へと足を踏み出した。
 片手は、縋るようにロビーの手を握っている。
 そしてもう片方の手を、アミーリアを挟んでロビーと反対側に立った彼の父モーリスが握った。

「いいかい、姫。正体がばれては面倒だからね。町に下りている間、あなたは僕の娘だよ」
「は、はい、モーリス様」
「ノンノン、姫! パ・パ! パパって呼んでっ!」
「パ、パパ……?」

 緊張を含んだ表情で耳を傾ける姫に対し、まったく緊張感のない様子でとんでもないことを言い出した父親に、ロビーはぎょっと目を見開いた。

「父さん、アミーリア様に変なこと強要しないでよっ! おじさんでいいでしょ!」
「いやだっ! ぼかぁ、娘が欲しかったんだいっ!」
「子供みたいに駄々をこねないでよ、みっともないっ!!」

 いい年をして、ぶうと口を尖らせて不満げな父に、ロビーは頭を抱えたい気分になった。
 モーリスは、誰に対してもこの調子。
 恐れ多くも王族相手にだって軽々しい態度をとるものだから、年寄り貴族達には眉を顰められるが、国王陛下自身がそれを許しているので、誰も表立って文句を言えないのだ。
 ロビーは、自分はこの父親の性格に似なくてよかったと思う一方で、いっそ似ていればもっと生きやすかったのではないかと、複雑な思いだった。

「ロビーのお父様、面白い方ね」
「すみません……アミーリア様。無礼な父ですが、護衛としては役に立つと思いますので……」

 ただ、飾らないモーリスの言動にアミーリアが楽しそうにしている。
 先ほどぽろぽろと涙を零す姿を目の当たりにしたロビーは、彼女が笑顔を浮かべてくれるなら、身内の恥をさらすくらいかまわないかと思った。
 彼は気を取り直し、大切な大切なお姫様の小さな手を引いて、町の賑わいへと足を向けた。

 そのあとは、アミーリアはずっと楽しそうだった。
 うきうきした足取りで街道を歩き、モーリスお勧めの果物屋の絞り立てジュースに感激し、ロビーが買ったクレープを噴水の縁に腰掛けて頬張った。
 雑貨屋を覗いては小さな石のピアスを気に入り、靴屋でぴったりサイズの赤い靴に一目惚れ。
 生まれて初めての町の散策に、彼女の笑顔はきらきらと輝いていた。
 本当は、ロビーはジーニャリアと彼女の仲を修復させたいと思っていたが、その笑顔を見ているうちにだんだんと考えが変わってきた。
 ジーニャリアは確かにアミーリアを大切に想っていると信じているが、やはり姫はまだまだ幼くて、恋だの愛だのを完璧に理解できているとは言い難い。それについてはロビーも人のことは言えないのだが、とにかく今の姫にはまだ大人の恋愛は無理だろう。
 最高司令官閣下の正式なパートナーとなれば、アミーリアが無理な背伸びを強いられるかもしれない。
 それは彼女の重荷となって、愛らしい笑顔をまた曇らせてしまうのではなかろうか。
 そう考えると、ジーニャリアではアミーリアを幸せにできないように思えてくる。
 自分は初恋さえもまだ経験していないくせに、ロビーはそんなことを悶々と思い悩みながら散策のお伴をした。

 やがて日が傾き、空が赤くなり始めた。
 アミーリアは門番長が提案したとおり、今夜はロビーの家に泊まることになっている。
 彼女の着替えなど、必要な荷物は国王陛下の命令で先に届いているはずだ。
 ロビーの家は先祖代々下宿屋を営んできた。
 四階建てで、この辺りでは一番背の高い建物である。
 一階と二階が一家のスペース、三階と四階の部屋を下宿部屋として貸し出している。
 城から近い立地条件のため、下宿人の多くは城で働く者達だ。
 ただし、城には立派な寄宿舎がある。にもかかわらずこの家に下宿する者が多いのには、ちゃんと理由があった。

「お隣が、ロビーの叔父様のお店だったかしら?」
「はい、アミーリア様。叔父は食堂をやっているんです」

 ロビーの叔父が実家の隣で営む食堂は、町で一番上手い料理を出すと評判の店。
 食堂と下宿屋は奥で繋がっていて、下宿人達の朝晩二食を作るのも叔父なのだ。それが、この下宿屋が人気な理由の一つであった。
 覗いてみたいと言うアミーリアを連れて、ロビーとモーリスが食堂の扉を開くと、すでに中は夕食を食べにきた客達でいっぱいだった。
 ロビーはアミーリアに叔父の料理を食べさせたかったが、さすがに混み合っているこの時間は無理だろうと、一旦彼女を隣の自分の家の方に案内しようと思った。
 ところが、ちょうど厨房から顔を出した叔父に見つかって呼び止められてしまう。

「おう、ロビー! ちょうどよかった、手伝え!」
「え、でも今日は……」
「でももくそもあるか。とにかく手伝え、文句を言う暇があるなら皿を運べ!」
「ちょ……今日は本当に無理で……」
「働け、働け! 連れのお嬢ちゃんは……小せぇが水くらい配れるだろう。水差しもって、客席回ってくれや」

 何も知らないとはいえ、叔父は隣国の王女様に給仕をさせようというのだ。
 あまりの無礼にロビーは顔色を真っ青にしたが、当のアミーリアは彼の横をすり抜けて店の中に入り、カウンターに置いてあった水差しを手に取った。

「なっ!? アミーリ……」
「アミーよ、ロビー」
「ア、アミー様。叔父の言うことなんて聞き流してくださいっ! とんだご無礼を……」
「いいの、ロビー。それより、水差しってこれよね? みんなのコップに注げばいいの?」

 驚くロビーを尻目に、アミーリアはやる気だ。
 そんなことなさらないで下さいと叫ぼうとしたロビーの口を、隣で見守っていた父モーリスが塞いだ。

「……っ、もがっ、父さん!?」
「本人がやる気になってるんだから、やらせてあげなよ。一国の姫様がウェイトレスなんて、この先二度と経験できないかもしれないんだからさ」
「で、でも……っ」
「ほら、みなよ。案外さまになってる」

 にこにこしてモーリスが言った通り、アミーリアは意外なほど自然な様子で水を配って回り始めた。
 客達は最初見慣れぬ給仕に珍しそうにし、すでに随分酒が入っている者達もいたが、アミーリアがまだ幼いことが幸いしてか、卑猥な言葉をかけられたり無闇に身体を触られたりというような困った事は起きなかった。
 それどころか、とびきり可愛らしいウェイトレスの登場に、ただでさえ賑わっていた店がさらに盛り上がった。
 アミーリアはさすがに注文を聞いたり料理を運ぶのは無理だったが、水を配りながら笑顔を振りまき、ロビーも再び叔父の野太い声に急き立てられて、給仕に回った。
 モーリスだけは壁際に移動し、忙しく立ち回る二人を見守ることにした。

 混雑のピークが済むと、叔父はロビーとアミーリアにまかないの夕食を作ってくれた。

「申し訳ありませんでした。叔父は何も知らないとはいえ、アミー様を使い立てるなんてとんでもない無礼を……」
「ううん、ロビー。とっても楽しかった。私、少しは役に立てたかしら?」
「もちろんです! 皆、笑顔で帰って行ったでしょう?」
「うん。お金をもらうのはこっちなのに、ありがとうって言ってもらえて、嬉しかった!」

 厨房の脇の質素なテーブルに向かい合って、叔父自慢の煮込み料理を食べるアミーリアはとてもいきいきとしていた。ロビーは、彼女を連れてきてよかったと心から思った。
 そのあと、もう少しだけ店を手伝ってから、二人とモーリスは隣の下宿屋に向かった。
 店を出る時、「助かったよ、お嬢ちゃん。ありがとうな」と叔父の無骨な手に頭を撫でられるアミーリアがとても誇らしげだったので、ロビーとモーリスは最後まで彼女の正体を明かさなかった。
 先に城からの使いに事情を聞かされていた母アンネは、すっかりこき使われてきたロビーとアミーリアに苦笑しつつ、温かく迎え入れた。
 いきなり隣国の王女殿下を預けられたというのに緊張の欠片も見せない彼女は、さすがはモーリスの妻といったところか。
 ロビーは、両親の剛胆さが何故自分に遺伝しなかったのかと、その時ひどく悔しくなった。
 アンネは、人懐っこい様子で「お世話になります」と挨拶したアミーリアを風呂に入れてやり、上がれば丁寧にその髪を拭ってやった。
 慣れない散策と労働に疲れていたアミーリアは、ホットミルクを飲みながらすぐにうとうと。
 ついには、こてんとソファで居眠りを始めた彼女をモーリスが抱き上げ、アンネと笑顔を交わしてから寝室へと連れていった。
 国王陛下がアミーリアが城を出る事を許したのは、明日の夕刻まで。 
 モーリス・ロビー親子は、その間の姫の警護と世話という特別任務を命じられたが、国王陛下が最も強く望んだのは“アミーリアを楽しませて笑顔にすること”だった。
 明日は早めに叔父の店で朝食をとって、アミーリアを穴場に案内しよう。
 貴族連中は知らないような、裏路地の駄菓子屋。
 教会の裏の花畑。
 学校の脇のせせらぎには、七色の鱗が美しい川魚もいる。
 アミーリアの天使のような笑顔を思い浮かべ、ロビーはわくわくしながら翌日の計画を念入りに立て始めた。


 ――ドンッ! ドンドンッ!


 ところが、そんな彼のまったりとした時間を邪魔するように、突然玄関のドアが乱暴にノックされた。
 時計の針は九時を差している。よい子はもう寝る時間だ。
 ロビー達一家の玄関と、下宿人達用の玄関は別になっているので、閉め出された下宿人が開けろと騒いでいるわけでもないだろう。
 そうこうしているうちに、アミーリアをベッドに寝かせて戻ってきたモーリスが応対した。

「――アミーリアはどこだ!」
「殿下、うるさいっすよ。近所迷惑だから、小声でお願いしますね」

 訪問者は、なんとこの国の第二王子にして軍の最高司令官、ジーニャリアだった。
 
「モーリス! ロビー! 俺のアミーリアをどこへやった!」
「だからうるさいって言ってるでしょ。集合住宅の事情とか、まったく分かってないんですね。それに、“俺の”ってなんですか? 独占欲剥き出しで気持ち悪いー」
「モーリス! いいから、アミーリアを返せっ!」

 いつもは綺麗に撫で付けてある短い赤毛を乱れさせ、ひどく取り乱した様子のジーニャリアに対し、相変わらずな調子のモーリス。
 焦りと苛立ちに平常心をなくしているジーニャリアは、玄関に立ち塞がる男の胸ぐらを乱暴に掴み上げる。
 ロビーは慌てて、二人に駆け寄った。

「待って下さい、閣下!」
「ロビー!」
「アミーリア様は今、とても傷ついていらっしゃいます。どうか落ち着いて、冷静になってからお会いになって下さい!」

 アミーリアが傷ついている

 その言葉に、ジーニャリアの頭に上っていた血が、すうっと下がってきた。
 彼が己の襟元から手を離すと、モーリスは力をなくしたような年下の上司の肩を抱いて玄関の中に招き入れ、ロビーはそっと扉を閉めて鍵をかけた。
 二人はジーニャリアをリビングに案内してソファに座らせ、ちょうどいいタイミングで母アンネがお茶を出す。
 ジーニャリアは愕然とした様子だったが、温かいお茶を一口含んでほっとため息をつくと、向かいに立ったロビーとモーリスに向かって問いかけた。

「アミーリアが、俺とクラリスとの仲を誤解したというのは、本当なのか?」
「殿下こそ、うちの娘を袖にして、他の女と浮気したって本当なんですかぁ?」
「父さんっ! うちの娘じゃなくて、姫でしょう!」

 モーリスの言葉に、ジーニャリアは凛々しい顔に怒りを滾らせて叫んだ。

「浮気なんてするものか! しかも、クラリスが相手なんてありえない! 全ては、マーシュリアの陰謀だったんだ!」

 マーシュリアはジーニャリアの二つ下の弟で、この国の第三王子。
 ジーニャリアが父である国王譲りの赤毛と金眼という、猛禽類系の雄々しい容姿であるのに対し、マーシュリアは母である王妃似の金髪碧眼。まさにキラキラの王子様。
 しかし、いつも幼いアミーリアによからぬことを吹き込む厄介な男で、彼の言う事を鵜呑みにした姫の言動に、ジーニャリアやロビー達が振り回されることも多々あった。
 そんな腹黒王子が、今回の騒動の元凶であるというのだ。

「十日前の茶会は、俺の方にはアミーリアの名で中止の伝令が来たのだ。その後も何度か手紙を預けたが返事は来ず、忙しくて彼女の様子を覗きにいくこともできなかった。昨日は、やっと仕事が一段落してアミーリアに午後の茶会を申し込んだが、予定があるから無理だと断りの返事があったんだ。それでやさぐれて……テラスで昼間っから酒をあおっていた」
「クラリス様と一緒に?」
「あいつは酒に目がないから、便乗して一緒に飲み始めただけだ」

 最高司令官と補佐官が、揃いも揃って昼間から酒盛りとは、あまり褒められたことではない。
 ばつが悪そうな様子のジーニャリアに、ロビーはアミーリアの泣き顔を思い出しながら問いかけた。

「でも姫も、閣下に手紙を書いたのに返事がまったく来なかったと……」
「アミーリアからの手紙も、俺が彼女に宛てた手紙も、全部マーシュリアが止めていたのだ。最初の茶会について嘘の伝令を遣わしたのも、あいつだ!」
 
 この日、ロビーが日が落ちても報告書を提出にこないことを訝しみ、休憩がてら大門にふらりと顔を出したジーニャリアは、門番達から身に覚えのない批難の眼差しで迎えられることになった。
 一体何ごとだと問いつめた門番長の口から、アミーリアが城から出たことを聞かされた彼は驚き、それを許したという父王の胸ぐらを掴みに行った。
 そこで更なる詳細を聞かされたジーニャリアは、ロビーはともかく兵士としては格別優秀なモーリス中佐が護衛についていることに安堵しつつ、いったい何故アミーリアとすれ違ってしまったのかと頭を抱えた。
 そんな兄の肩をぽむぽむと叩いたのは、マーシュリア。
 黒幕たる弟王子はしゃきーんと親指をおっ立てて、きらきらとした笑顔でこう言った。

「全然進展しない兄上とアミーに苛ついたから、いい感じに波風を立てて煽ってみたよ」
「――マ、マーシュリアっ……!!」

 思わず殴り掛かったジーニャリアの渾身のパンチを、一見運動神経のなさそうなキラキラ王子は、ふわりと難なく避けてみせた。侮れない。
 アミーリアが補佐官クラリスに抱いていた小さな嫉妬も、年齢差の壁を前に一歩踏み出すことを躊躇していた次兄のいくじなさも、マーシュリアには全てお見通しだったのだ。
 目を血走らせて怒りに震えるジーニャリアに向かい、相変わらず無駄に爽やかな笑みを浮かべた腹黒王子は、こう忠告した。

「アミーは兄上が思っているよりずっとレディだし、思慮深いよ。自分の立場を弁えてじっと我慢して、その聞き分けのよさが時々哀れにさえ感じるんだよね」
「……」
「アミーに我が侭さえ言わせてやれないような甲斐性なしは、彼女にふさわしくないんじゃない?」

 一瞬笑みを蔑むようなものに変えて告げた弟王子の言葉は、ジーニャリアに衝撃をもたらした。
 彼の中で激情を押し止めていたせきが、ついに決壊する。
 ジーニャリアはそのまま城を飛び出し、伴も連れずにロビーの家まで駆けてきたというわけだ。

 
「もう、俺は遠慮しないぞ。アミーリアとの年齢差を気にしてきたが、もう年上ぶってこの想いを抑えたりはしない」

 ジーニャリアはソファから立ち上がり、己に言い聞かせるようにそう宣言した。
 思いがけず、軍人王子の決意を聞かされることになったロビーはぽかんとしたが、その隣で父モーリスが「殿下、ぶらぼー」と声を上げ、ぱちぱちと両手を叩いた。 

「真性ロリコンの誕生に、拍手!」
「ロ、ロリ……!?」
「殿下の覚醒に立ち会えて、僕たちは幸せものだねぇ、ロビー」
「……と、父さん」

 軍最高司令官閣下が鋭い金の瞳を爛々と輝かせて狙いを定めた相手は、まだまだぷにっと幼く愛らしい少女である。

(ほ、本当にこれでいいのだろうか……)

 ロビーはそう、顔を引きつらせた。
 しかし、その後アミーリアのベッドに駆け寄り、少し疲れたような顔をして眠る彼女の頬をそっと撫で、狂おしくも愛おしさの溢れる眼差しで一心に見つめるジーニャリアの様子に、やはり二人が仲良く寄り添ってくれるのが一番だと思った。





関連記事
スポンサーサイト

Comments

Post A Comment

What's New?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。