五臓六腑

このサイトに掲載されている小説及びイラストの著作権はくるひなたにあります。無断での引用、転載、配布など固く禁じます。

一兵卒と諸々

 ロビーは、つい先日十五歳の誕生日を迎えた。 この国では、その年になると王城で働き口を探すことができる。 ロビーの父親はそこそこ名の知れた剣士であり、平民の出ながら中佐の位に就いている。それなりのコネを利用したのは否定できないが、軍に志願して試験を受け、幼い頃から父親に仕込まれた剣の腕で、実技もなんとか合格出来た。 しかし、まだ成人も迎えていない彼は、兵士としては下っ端も下っ端。見習いの身分である...

Read More

一兵卒と密命

 つい先日十五歳の誕生日を迎え、成人を翌年に控えたロビーは、王城の門番として働く見習い兵士である。 大らかな良き先輩兵士達に支えられて、ようやく大門の脇に立って訪問者を捌く姿が板についてきた彼の元に、いつしかほぼ毎日のように可愛らしい客人が訪れるようになったのは、この城においてはあまりに有名な話だ。 真っ直ぐな長い白金色の髪に、吸い込まれそうな透明感をたたえた薄青の瞳。けぶるような長い睫毛に、まろ...

Read More

一兵卒と案件1

気弱な見習い兵士の配属された大門には、午後のお茶の時間になると、妖精のようなお客様がやってくる。彼女が携えてきた新たな案件。一兵卒と案件1...

Read More

一兵卒と案件2

一兵卒と案件 第二話...

Read More

一兵卒と案件3

一兵卒と案件 第三話...

Read More